シャンプーはハゲるのか? 避けた方がいい成分を美容師が解説してみた。

「シャンプーするとハゲるの?」「ハゲになりやすいシャンプーってあるの?」とお悩みではないだろうか?

髪にいいと思って長年使っているシャンプーが、実はハゲやすい成分が入っていたという事もある。

そこで今回は薄毛やシャンプーを長年勉強してきた美容師の私が、それについて解説してみようと思う。

シャンプーはハゲるのか? 避けた方がいい成分を美容師が解説してみた。

結論から言うと、市販されている格安のシャンプーはどれも髪には良くないし、薄毛を促進させる物もある。

シャンプーのやり方が悪かったり、シャンプーのし過ぎでも薄毛は促進されるので、それだけが原因という訳ではない。だがしかし、粗悪なシャンプーというのは髪や頭皮にかなり悪い影響を与えるので注意が必要だ。

なぜ市販の格安シャンプーは薄毛を促進させるのか?

実は市販されている安い価格帯のシャンプーというのは、石油や動、植物から取れる油脂を加工して作られた物が入っている。そしてそれらを「合成の界面活性剤」と呼ぶ。

非常に安価で作る事が出来るので、市販されているシャンプーはだいたいこれが主成分なのだ。しかし合成の界面活性剤は髪や頭皮に良くない。なぜなら洗浄力が強過ぎるからだ。

合成の界面活性剤は皮脂を過剰に洗い流してしまうので、頭皮トラブルも起こりやすい。だが泡立ちも良く安価な為に、合成の界面活性剤シャンプーを買い求める人が大半だ。

私は美容師だが、近年はそんな粗悪なシャンプーで毎日洗髪する人が増えた為に、ヘアブラシが髪を通らないゴワゴワな髪質の男性客が激増しているのを目の当たりにしている。

「男性はブラッシングやトリートメントをしない人が多いから」という事もあるのだが、何より洗浄力の強すぎる粗悪なシャンプーが一番の原因だ。

格安シャンプーと台所洗剤はだいたい同じ主成分

先ほど解説した「合成の界面活性剤シャンプー」だが、実は洗浄力だけは抜群なので台所用洗剤の主成分としても使われているのだ。

シャンプーの成分表記に「ラウレス硫酸~」「ラウリル硫酸~」と書いてあったら、それは合成の界面活性剤シャンプーだ。

ちなみに合成の界面活性剤はだいたい色が付いている。安全なシャンプーは無色透明の物が殆どだ。(ちなみにトニックシャンプーは透明でも頭皮にかなり悪い)

そして、台所洗剤の成分もチェックしてもらいたいのだが、だいたいこの「硫酸系」の表記がしてあるはず。

食器の油汚れを落とすくらいの洗浄力の強い成分が、シャンプーにも使われていると思うととても恐ろしくはないだろうか?

上記の「ラウレス硫酸~」「ラウリル硫酸~」という成分は発がん性があったり発毛障害も起こしやすいと専門家からも言われているので、今すぐ粗悪なシャンプーを使うのはやめよう。

「ノンシリコン」だとか「希少な馬の油で作った~」みたいに、どんなに髪に良さそうな事を主張していても、成分を見れば答えが分かるので騙されないようにしなくてはいけない。

アミノ酸系シャンプーは安心出来るが、デメリットもあるので注意

ではどんなシャンプーが安心なのかというと、ずばりそれは「アミノ酸系のシャンプー」だ。

アミノ酸系は天然素材のアミノ酸から作られているから、洗浄力も強くなくて頭皮にもやさしい。硫酸系の粗悪なシャンプーのように発毛障害を起こす事もない。

「ココイル~」「ラウロイル~」と成分表に書かれていたら、間違いなくそれはアミノ酸系のシャンプーなのでチェックしてみて欲しい。

ただ、アミノ酸系のシャンプーは価格もそれなりにする。とは言っても安いと1000円しない物もあるのでそんなにバカ高い訳でもない。

それと他のシャンプーよりも「すすぎ」をしっかりしないと、頭皮にアミノ酸が残ってしまいやすいというデメリットもある。まぁこれはしっかり「すすぎ」をすれば問題ないのだが。

お勧めのシャンプーは下記の記事を参照して頂ければと思う。大事なのは頭皮の汚れだけでなく「過酸化脂質」を取り除く事だ。

脱毛の原因は皮脂ではなく過酸化脂質だという事をまだ誰も知らない

スースーするトニックシャンプーはハゲるのか?

若ハゲ、薄毛、は様々な要因があるので、必ずしも粗悪なシャンプーでハゲるとは言い切れない部分がある。

だがそれでも、確実に頭皮に悪い影響を与える成分というのは存在する。それは上記の「合成の界面活性剤シャンプー」だったり、スースーするアルコール(エタノール)系のシャンプーだ。

スースーするシャンプーや育毛剤などは爽快感があるので消費者に人気のようだが、あれは本当に良くない。

アルコールというのは揮発性が高く、皮脂や水分を奪って蒸発するので頭皮が乾燥しやすくなるからだ。頭皮が乾燥すれば固くなって血流も悪くなるから、髪に必要な栄養分が届かなくなる。

ちなみにリップクリームもスースーする物はアルコールが入っているので、使うと余計に乾燥するので注意が必要だ。なぜリップクリームにスースーを入れるのか不思議でならない。

ハゲるかもしれないシャンプーの成分 まとめ

ではさいごに、髪や頭皮に悪影響を与えるシャンプーの成分についてまとめてみる。くどいようだが、これが全ての原因ではない。人によってはこれらを長年使ってもハゲない場合も多々ある。

ハゲるかもしれないシャンプーの成分

・ラウレス硫酸~
・ラウリル硫酸~
・ラウリルベンゼンスルホン酸
・オレフィン(C14-16)
・アルコール(エタノール)

オレフィンは上の方に書いてなければ、それほど危険ではない。(成分表は1番多く含まれている物が上の方に書かれている為)

CMでガンガン宣伝している髪によさそうなシャンプーでも、これらが入っている事が多い。どんなに髪や頭皮にいい成分が使われていても、主成分が合成の界面活性剤ならまったく意味がない。

消費者はずっと騙されているのだ。

シャンプーはハゲるのか? 避けた方がいい成分 さいごに

いかがだっただろか? もしかしたら若ハゲや薄毛の原因は粗悪なシャンプーのせいかもしれない。

よく「ホームレスはハゲない」というが、あれは粗悪なシャンプーをしないからだろう。もちろん社会生活のストレスが無いからとも言える。

シャンプーは安全で安心出来る「アミノ酸系シャンプー」を使うようにしよう。