誰も語らない「40代男性2つのモテない理由」とは?

私は「自信のある男はモテる」と繰り返し主張しているが、それが当てはまらない人も実は存在する。

それなりに自分に自信があって、女より夢中になれる物もあるのになぜかモテないのだ。

特に40代男性で多く見られる気がするので、今回はそれをテーマに話していこうと思う。人によっては30代であっても当てはまる場合もあるだろうから、ぜひ参考にしてみて欲しい。

誰も語らない「40代男性2つのモテない理由」とは?

女にモテない理由というのは人それぞれで、色んなケースがある。だから今回の解説する事が全てではない。人によっては当てはまらないケースも当然あるだろう。

だが男というのは年齢を重ねると、段々と自分の考えや信念というの確立されて来て頑固になり、他人の意見や好みを受け入れられなくなる人が多いのだ。(悪く言えば排他的

これはいい事でもあるし、悪い事でもある。

そして、40代の独身男性は経済的な余裕も生まれて、大抵の事は1人で出来てしまう。大人の男としてのプライドもある。なので女に頼れないしみっともない所は見せられない。そして自分で色々決めて女をリードしたくなる。(悪く言えば格好付けたがり

これもいい事でもあるし、悪い事でもある。さじ加減でどっちにも転びそうだが、それらが強すぎると女にはモテない可能性が高いので注意が必要だ。

これらは私にも当てはまる事なので書いていて心苦しいのだが、1つ1つ詳しく解説していこう。

40代男性は「信念」や「こだわり」が強いのでモテない

私も40代後半なので自分の考えを主張したくなる時が多い。だが他の人の意見や考えを否定するのは余計な争いを招くだけなので、そういった事はしないように気を付けている。

関わりが薄い人間関係なら、例え自分と違う意見を言われても「そうですね。そういう見方もありますね。」と言ってしまうのが無難だ。

「自分の意見を持たない八方美人じゃないか?」と思われるかもしれないが、それがいわゆる大人の会話だ。自分の意見は価値観の合う人同士で、相手を受け入れながらすればいいだけだ。

男が40歳過ぎれば、誰だってそれなりの経験値が溜まる。色んな苦労を乗り越えての今なので、主張したい事は増えて来る。

だがその主張によって「ちょっと面倒くさい人」というレッテルを女から貼られてしまうのだ。

女が強く求める本能の1つは「共感」だ。女は話を黙って聞いてくれて共感してくれる男を求めているので、自分の価値観ばかり主張する男は相手にされないだろう。

よくある失敗が、女の悩み事や相談に対してアドバイスばかりしてしまう男だ。良かれと思ってやってしまうのだが、女が求めているのは「話を聞いて欲しい」「共感して欲しい」という事なのだ。

男はとにかく黙って女の話を聞く事だ。「そうか、分かるよ。」「大変だったな。頑張ったな」だけでいい。相手の女が助言を求めて来たら少しアドバイスするくらいでいい。

とにかく、自分の考えや主張が全く無い男もダメだが、それが強すぎるのもよくない。何事もバランスが大事だ。

ちなみに強過ぎる主張や排他的な発言は、男友達も面倒くさがって離れていく可能性があるので、注意しよう。

自分の好み以外の物を完全否定する男もモテない。

考え方もそうだが、自分の好みを主張してそれ以外を否定する男は関わりづらい。

例えば「俺は星野源が嫌いだ。あの音楽がちっともいいとは思わない!」と主張する男がいるとする。これは心の中だけで思っていればいい事だ。

星野源氏の音楽が大好きな女は沢山いるだろうし、彼の音楽で救われている人もいるのだ。軽はずみで言う言葉ではない。こういう男は当然嫌われる。

「みんな同じ髪型で楽しいの?」と愚痴る美容師

これは私の事だ。私も歳を取ったのだろう。若い男性客(中学~大学生くらい)のオーダーの殆どが「マッシュ」という髪型な為に、ついつい愚痴をこぼしてしまった事がある。

これは美容師として失格だし、若い男性客やその彼女に聞かれたらかなり気分を害されるだろう。私も大いに反省しなければならない。

そう、40代の男は排他的になりやすいのだ。上記の様に私自身にも心当たりがあるのでよく分かる。

それと40代になれば、国際情勢や政治経済などの世の中の流れにも余計な口を出してしまいやすい。そういう所に目が行って色々考えるのはいい事だが、やはり自分の意見を他人に押し付けるのは煙たがられる。

40代男性は格好付けたがるのでモテない

男は女を守る存在でなければならないし、女から頼られる存在でなければならない。

しかし、だからといって全てを男がリードする必要はないし、格好付けてばかりでも人間味が無いし親近感も沸かない。

では1つ1つ説明しよう。

男がリードし過ぎて女に嫌われる可能性がある。

今の10代~20代の男は分からないが、私達の世代の男は「女をとにかくリードしなければ!」と考えるものだ。それは間違っていないのだが、実はそれも行き過ぎると女からモテない可能性がある。

デートプランも完璧に考える男よりも、今の時代は女と一緒に考える男の方が求められているのではないだろうか? もちろん素晴らしいデートプランを計画すれば、喜んでくれる場合もあるだろう。

だが毎回そうなってしまうと女は疲れてしまう。計画が詰まっているとバスツアーのような息苦しさを感じる女も多いだろうし、その時の気分で行先を決めたい女も実際かなり多いからだ。

現に結婚してからは女が男を尻に敷く家庭が多い。女も色々な事を自分で決めたいのだ。男は女に自由に決めさせて、いざという時に頼れる存在であった方が上手くいく事が多い。

もちろん色んなパターンのカップルや夫婦がいるので、そういった事は人それぞれだ。今の時代でも亭主関白で上手くいく夫婦だってあるだろう。

だが男がリードし過ぎて、相手の女が不満を持ってしまうケースもあるので注意が必要だ。

格好付けてばかりで、ダメな自分を見せない男

男は格好付けたがるものだ。若い時の私もそうだった。自分を良く見せようと背伸びをしたり無理をする事があった。

しかし時にはダメな自分(素の自分)も見せる事も大事だ。女のタイプにもよるが、そういった所を見たら親近感を持ってくれる事もあるだろうし、母性本能をくすぐられる場合もあるからだ。

時には女に頼ったっていい。常に頼るのはダメだが、たまにそういう事があれば「必要とされている」と思う女も多いだろう。

男はいざという時に女を守れたり、精神的にリードしてあげればいいのだ。かっこいい自分、頼れる男を無理に演じる必要もない。

40代男性のモテない理由 さいごに

男は自分の考えや好みを女に押し付けてはいけない。女の話を黙って聞く姿勢を持とう。

そして格好付け過ぎてもいけない。彼氏彼女や夫婦というのは、お互い自然体でいられて居心地のいいのが1番だ。そしてお互いの弱点を見せ合ってそれを2人で補えばいいのだ。

若ハゲ、薄毛、で悩んでいる人は、だいたいが大きな劣等感を抱えて女を上に見てしまう傾向がある。なので「自信」が1番重要なのだが、例外として今回のような事もあるので、一応記事にしておいた。

参考になれば幸いだ。