【必見】絶対やってはいけないM字はげの髪型とM字でも似合う髪型

君はM字ハゲが気になって、どうにか髪型でカバー出来ないものか悩んでいないだろうか?

もしくはM字ハゲでもかっこよくなる髪型はないだろうかと考えているかもしれない。

そこで今回は美容師歴20年以上、特にメンズのヘアーカットには絶対的な自信のある私が詳しく解説してみようと思う。

【必見】絶対やってはいけないM字はげの髪型とM字でも似合う髪型

押忍!

私は「若ハゲの為の婚活道場」を運営している、総師範のヒロサワだ。私は美容師だが私自身も若ハゲには悩まされた1人だ。

なのでお客さんが薄毛の場合は、どうにかして髪が多く見えないか、どうにかして薄い所をカバー出来ないか、一生懸命に考えてヘアカットを施術している。

薄毛のお客さんでも、何も考えずに普段通りのヘアカットをしてしまう美容師達には、いつもこっぴどく説教してきた。

「もうちょっと薄毛のお客さんの気持ちを考えろ!」とね。

ではさっそく、詳しい話をしていこう。

M字ハゲが絶対にやってはいけない髪型

まずはM字ハゲがやるべきではない髪型について解説しよう。

これは前髪の毛量にもよるので一概には言えないが、とりあえず前髪の毛量が少ない場合は前髪を長く伸ばすのはすぐに止めよう。

そして、2ブロックなども前髪がスカスカの状態なら避けるべき髪型だ。

M字ハゲの長い前髪は、より一層ハゲが強調されて貧相に見える

今はマッシュなどの髪型が流行っていて前髪を長くしたいメンズのお客さんが多い。高校生や大学生などは目に入るくらい前髪を伸ばしている。(もはや高校生はマッシュしかいない)

しかしM字の場合は前髪を長く伸ばすのはすぐにやめるべきだ。デリケートな事なので君が気を悪くしてしまったら大変申し訳ないが、はっきり言おう。

前髪を伸ばすと「ワカメ」や「スカスカのすだれ」の様に見える。余計に薄毛が強調されて貧相に見えてしまうのだ。

私は仕事で成功するにも恋愛で成功するにも、普通に生きていく為にも、「自信」というのは1番大事だと繰り返し主張しているのだが、外見が貧相に見えてしまう事は何としても防ぐべきだ。

例え広いおでこが強調されてしまっても、前髪を短くした方が断然いい。少なくとも貧相で自信の無い雰囲気は改善出来る。

M字ハゲは長い前髪で隠せる事もあるが・・・

M字ハゲではあるものの「前髪の毛量がそれなりにある場合」は前髪を伸ばすとそれを隠す事が出来る。

かなりM字が進んでいても、トップの髪を長く伸ばして前に流せばハゲを隠せるのだ。実際私もこの方法でヘアカットする事が多々あり、薄毛の男性客からはかなり喜んでもらえている。

ちょうどマッシュが流行しているから、多少の不自然さも薄れてしまうのかもしれない。

だがしかし・・・!

マッシュという髪型はやり方によってはカッコよくも見えるが、基本的に中性的で可愛らしくなる髪型なのだ。

別の記事で詳しく解説するが、ヘアースタイルという物はその人の性格や人生までも変えてしまう可能性がある。これはちっとも大袈裟な話ではない。美容師を長くやっている人間なら共感してくれる事だ。

例えば、かわいらしい中性的な髪型にすれば実際に性格が優しくなったり穏やかになる。逆に男らしいリーゼントやモヒカンにすれば、性格が男らしくなったり言葉使いもそれっぽくなる。

だから薄毛が隠せるからと言って、安易にマッシュなどの前髪の長いヘアースタイルにするのは、私は反対だ。

もちろん、本来の性格にマッチして凄く似合っているのならいいと思うが、人によっては余計にナヨナヨした性格になる事もあるので注意が必要なのだ。

M字ハゲで前髪の毛量が少ない場合は、2ブロックもやってはいけない

マッシュと共に長い間流行しているのが「2ブロック」だ。両方組み合わせるパターンも凄く多い。

でも流行しているからといって、M字ハゲで前髪の毛量が少ない場合は「2ブロック」をやってはいけない。

2ブロックとは「ハチ周り」の髪を長めに残すヘアースタイルだ。ハチ周りとは「ハチマキをする場所」と言えば分かってもらえるだろう。実はこの「ハチ周り」というのは一番毛量が多い所なのだ。これは殆どの人間がそうだ。

毛量の多い場所が強調される為、おでこの毛量の少なさがより一層強調されてしまうのだ。

・・・・いやはっきり言わせてもらおう。

悲しい事だが、M字ハゲで前髪の毛量が少ない場合は、2ブロックにするとヘアースタイルとして成立しないくらい不自然になる。

M字ハゲであっても毛量が多かったりクセが強かったりすれば、どうにか広いおでこが隠せるがそれもあまりお勧めはしない。堂々とおでこは見せてしまうべきだ。

M字ハゲでも似合う髪型、薄毛をカバー出来る髪型

今ままでは随分キツい事を書いてしまった。でも真実を知ってもらいたくてあえて正直に書かせてもらった。ご容赦願いたい。

さて、ここからは少しでも希望が持てるように、M字ハゲでも似合う髪型を解説させてもらおう。

ショートヘアこそ正義だ

結論から言うと「短髪」が一番お勧めだ。

「やっぱりそうか、それしかないのかよ!?」と思われてしまったかもしれないが、実際それが一番M字が目立たないのだ。

サイドや襟足は刈り上げがいいだろう。清潔感も出るし男らしさも強調される。

特に前髪は絶対に短くして欲しい

これは美容師としての経験で言えるのだが、M字のお客さんは長い前髪を切る事に大きな抵抗を持っている。こちらが提案してもなかなか前髪を大胆に切らせてもらえないのだが、一度思い切って切ってしまうと殆どのお客さんが吹っ切れるようだ。

そして「もっと早く前髪を短くすれば良かった!」と言ってくれる人も多い。

ソフトモヒカンはかなりおすすめ出来る

上記にM字ハゲの前髪の毛量が少ない場合は、2ブロックはお勧め出来ないと説明させてもらった。

でもその逆に「ハチ周り」を極端に短く出来る「ソフトモヒカン」は、M字ハゲのメンズにかなりお勧め出来る。

一番毛量の多いハチ周りを短くすれば、一番毛量が少ない前髪部分との毛量差が少なくなるからだ。ヘアスタイルに毛量のバランスというのはとても重要なので、やった事がない場合はぜひソフトモヒカンを試してみて欲しい。

薄毛専用のヘアーサロンもある

ここまで文章だけで説明させてもらったが、これだけだとなかなかイメージが沸かないかもしれない。

でもこういった薄毛にマッチしたヘアカットというのは存在するし、薄毛の人専用のヘアーサロンもあるので一応リンクを貼っておこう。東京、横浜、大阪、福岡、などに店舗があるようだ。

薄毛に特化した美容室【INTI】



髪は長くなると柔らかくなり、ミリ単位の髪は皮膚に刺さるくらい固くなる

さて、ここでは髪の特性の話をさせてもらおう。これはぜひ知っておいてもらいたい。

実は毛髪という物は、長くなればなるほど柔らかくなり(一定の長さになれば変化はないが)、短くなればなるほど固くなる(コシが出る)のだ。

最近は2ブロックのお客さんや、襟足を刈り上げるお客さんが多いので、よく分かるのだが・・・

数ミリ単位の切った髪は、皮膚に刺さって取れなくなる。

これは知らない人が多いだろうが、紛れもない事実だ。

私はヘアーカット後に、よく手の平や手の甲に刺さった毛を刺抜きで抜いているが、凄く短いトゲのような毛髪は皮膚の奥に入り込んでしまい、針で皮膚をえぐらないと取れないのだ。(もちろん多少出血する)

なので、前髪を長く伸ばすとコシのない柔らかな毛になってしまうし、逆に短くすれば毛が固くなってコシが出るので多少ボリュームも出るのだ。

これは前髪だけに言える事ではない。トップの毛も長く伸ばしてしまうとその原理でコシの無い柔らかな毛になってしまうし、伸ばす事で髪の重みでペタっとしたトップになってしまう。

トップの髪はヘアースタイルでめちゃくちゃ重要で、トップがペッタンコだと一気に老けて見えてしまうのだ。逆にトップにボリュームや高さが出ると若々しさが出る

地肌色に違い色にカラーリングすると薄毛はカバー出来る

これは多くの人がすでにご存知だとは思うが、一応説明しておこう。

黒髪に地肌の肌色はコントラストが強すぎる為、薄毛になると地肌が目立ってしまう。なので地肌の色に近い茶色、ベージュ、金色、などは当然地肌は目立たなくなる。

芸能界でも所ジョージ、小堺一機、最近ではフットボールアワーの岩尾など、カラーリングをして地肌を目立たなくしている。

まあ、職場で明るい色のカラーリングは禁止されている人が殆どだろうから、これが出来る職種の人は限られている。なので一応おまけの様な感じだが書いておいた。

どうしても前髪を残したい場合は、この一言を美容師に言え!

オデコは潔く出して欲しいのが私の本音だが、どうしても前髪を残した場合は、次の一言を美容師に言うといいだろう。

その一言とは「前髪を厚めに作ってください。」だ。

ある程度の経験年数がある美容師なら、とうぜん薄毛をカバー出来るようなヘアカットを心がける。私も当然そうだ。自分も薄毛だからどうにか工夫をこらすようにしている。

だが経験年数が少ない美容師や、何も考えていない美容師というのも当然存在する。格安の1000円カットなども薄毛をカバーするようなヘアカットなど期待出来ない。

なので「前髪を厚めに作ってほしい」という事と、「すきバサミは毛先だけで」という事も伝えるといいだろう。

4000円前後の美容室や理容室なら、チョップカットという技術で毛先をギザギザにするので殆どすきバサミは必要無いが、1000円カットなどはバツンと1発で前髪を切る事が多いので、毛量によっては毛先にすきバサミは必要かもしれない。

やってはいけないM字はげの髪型とM字でも似合う髪型 さいごに

いかがだっただろうか?

薄毛であっても、ヘアスタイルによっては自分に自信が持てるようにもなるので、ぜひ検討してもらいたい。

そして出来れば薄毛であっても料金が4000円前後する美容室に行った方がいい。もちろん金額で全て決まるわけではないので、Google マップのレビューで高評価なサロンを選択するのが間違いないだろう。

最近は前髪を上げてオデコを出す男性が少なくなってきた。やはり前髪を上げた方が清潔感やワイルド感も出て、とてもお勧めだ。

ではまた他の記事で会おう!