出会いを求めない婚活道場「虎の穴」の理念と3つの奥義

突然だが、君は若ハゲ、薄毛が原因で婚活が上手く行かずに苦しんでいないだろうか?

周りの友人や知人はどんどん結婚しているのに「なぜ自分だけが薄毛で苦しんで、結婚も出来ないんだ!」と嘆いてはいないだろうか?

そしてそれでも自分を奮い立たせて、婚活パーティーなどの出会いの場に行ったり婚活アプリなどを使って努力してみるものの、失敗続きになってはいないだろうか?

私にも経験があるが、出会いの場を沢山作ってその度に玉砕し続けると相当に落ち込むものだ。時には深いトラウマになってしまう事だってあるし、自分の中の劣等感もどんどん大きくなってしまうだろう。

この深いトラウマや大きな劣等感というのは本当に厄介で、それらは私達の行動力を奪ってしまう。

「しょせん俺なんて無価値な男だよ!」「もう結婚なんかするか!」と自暴自棄になって、生涯独身として過ごす事にもなりかねない。

若ハゲで苦しみ抜いた人に、その分だけ幸せな結婚をしてもらいたい。

押忍!

申し遅れたが、私は若ハゲの為の婚活道場「虎の穴」を運営している、総師範のヒロサワだ。年齢は40代後半、職業は美容室オーナーをやらせてもらっている。

家族は愛する妻と高校生の1人娘だ。色々と大変な時期もあったが、幸せな結婚生活をもう20年近く過ごしてる。

しかし、私は若い時に若ハゲに苦しみ抜き女に振られ続けた男だ。高校生の時から私の薄毛は始まり、そこで大きな劣等感を抱えてしまった。そして美容師の専門学校では友達が1人も出来なかったくらいだ。

就職してからも私の劣等感はそのままで恋愛も連敗続きだった。その時期の私は薄毛や恋愛に対して絶望しかけていたのだが、とある事件がきっかけで私の意識は180度変わり、いつの間にか幸せな結婚生活を手に入れる事が出来た。

だが、私は結婚するまでに本当に苦労をした。薄毛が原因で青春も棒に振ってしまったし、自分の意識がずっと変わらなかったら今も独身でいたに違いないのだ。

そして、私は自分の過去を振り返って色々考えていると「ある思い」が次第に強くなっていった。

その思いとは・・・

「私のような薄毛に苦しみ抜いた人に、その分だけ幸せな結婚をしてもらいたい!」というものだ。

そんな動機で「薄毛であっても幸せな結婚が出来るようになる道場(ブログ)」を開設して運営を続けている。

若ハゲが結婚したいなら出会いは求めるな!

私は若ハゲでありながらも、意識を変えたら幸せな結婚をする事が出来た。その方法を後輩のS君(若ハゲ、ぽっちゃり体型)に勧めたら、そのS君も半年かからずに彼女が出来た。

その後私は職場やプライベートでも恋愛相談に乗る事が自然と増えていき、とある事に気が付いた。それは「薄毛の男達が女にモテるようになるには、3つの条件がある」という事だ。それをこの道場では「3つの奥義」と呼んでいる。

3つの奥義とは以下の物になる。

薄毛の男が女にモテる3つの奥義
①出会いを求めない
②自分の外見を変える

③興味のある事は全部試す

では1つ1つ解説していこう。

①出会いを求めない

君は「出会いを求めないんじゃ何も始まらないだろ!?」と思ったかもしれない。だが、自分を変えずに出会いの場だけを求めて失敗し続けている男達は本当に多いのだ。

出会い(女)というのは、求めれば求めるほど遠のき、避ければ避けるほど近づいて来るものだ。

「避ける」というのは言い過ぎかもしれない。正確には「意識しなければ意識しないほど近づいて来る」というい表現が正しいだろう。

これについては過去記事で沢山解説して来ているので、それらの記事を参照して頂ければと思う。

【必見】若ハゲでチビでぽっちゃりの後輩S君が彼女を作った方法

②自分の外見を変える努力をする

「薄毛だから外見変えたって意味ないよ!」と思われるかもしれないが、薄毛だって出来る事は沢山ある。薄毛が目立たない髪型にする、引き締まった身体を作る、オシャレな服を着る、これだけでも人生は劇的に変わる物なのだ。

私は美容師という職業柄、髪型や服装を変えて性格や人生を激変させてきた人を何人も見てきた。それほど外見というのは人生を大きく左右する。

そして恋愛初期で外見が大事だというのには、いくつもの恋愛心理学でも立証されている。

マースタイン博士のSVR理論

「恋愛に大事なのは外見か中身か!?」 という議論は昔からあるが、恋愛の進行状況によってそれは大きく変わって来る。

心理学者のマースタイン博士は「恋愛には出会いから結婚までに3つのフェーズがある」と主張している。これはSVR理論と言われている有名な理論だ。

SVR理論を簡単に説明すると・・・

マースタイン博士のSVR理論

第1フェーズ(出会い)→ 外見重視
第2フェーズ(恋人)→ 類似性重視
第3フェーズ(結婚)→ 相補性重視

まずは相手の外見で好意を持ち(第1フェーズ)

相手と価値観やフィーリングが合えば交際は長く続き(第2フェーズ)

夫婦としての役割が確立出来そうなら結婚をする(第3フェーズ)

という流れだ。

このSRV理論で面白いのは、第2フェーズからは外見の重要度は下がり、その代わりに相手の性格や価値観の重要度が非常に高くなるという点だ。

私の後輩でイケメンなのに毎回1〜2ヶ月ですぐ女に振られてしまう男がいた。その彼はまさに第2フェーズで躓いてしまったという事になる。

イケメンなのにモテない男がいるのはなぜなのか?

なので、どちらか1つだけでは幸せな結婚は絶対に掴めないと言える。外見を疎かにしてしまったら第2フェーズまではたどり着けないし、外見だけでも第2フェーズで玉砕するのだ。

「恋愛に大事なのは外見か中身か!?」という問いの答えは、「フェーズによって変わる」という事になる。

このSVR理論以外でも、1966年にミネソタ大学で行われた「コンピューターデート実験」や1970年の「コークデート実験」という有名な実験がある。どれも恋愛初期は外見が重要だという結論になっている。

もちろんイケメンじゃないとダメという事ではない。好みの顔立ちというのもあるかもしれないが、体型、雰囲気、清潔感、しぐさ、オシャレ、などが深く関わっているという事だろう。

外見は自分の性格や人生すら変えてしまう

髪型や服装を変えて、性格や人生が劇的に好転した人の話は別の記事で詳しく書いている。ぜひその記事も読んでもらいたいのだが、実はその逆も当然あるのでそれを書かなくてはならない。

それはつまり、過去の私のように「薄毛が原因で大きな劣等感を抱えてしまい、仕事も恋愛も前向きになれない」という事だ。

まさに外見は、良い方にも悪い方にも「自分の性格や人生すらも変えてしまう」と言える。

自分の薄毛に対してどうしても劣等感が消えないなら、増毛やAGA治療も検討する必要がある薄毛が原因でいつまでも苦しむべきではない。薄毛に苦しんだ人間は、その分だけ幸せにならなければならない。

この道場ではAGAクリニックの説明や、本質的な頭皮環境の改善のやり方も解説しているので、ぜひ参考にして頂ければと思う。

③興味のある事は全部試せ!

今までは外見の事に関して長々と説明してきた。長くなって申し訳ないがそれほど外見は重要なのだ。私はきれい事は言わない。

そしてここからは「興味のある事は全部試せ!」という事を説明させてもらおうと思ったのだが、これは過去記事で沢山書いて来た。

若ハゲが女にモテない本当の理由と2つの解決策

若ハゲは合コンや婚活パーティーに行かなくていい理由

なのでここでは詳しくは書かないが、とにかく君の「興味、関心」というのを大事にして欲しいと思う。

とにかく色々試せば、どれか1つは芽が出てくる物だ。それは君の今後のライフワークになるかもしれないし、上手く行けば副収入を得たり起業出来る可能性だってある。そしてその「興味、関心」に魅力を感じ引き寄せられる女は必ず出てくるはずだ。

何かに夢中になっている男、必死で頑張っている姿、というのは誰でも強い魅力を感じるものだ。甲子園で頑張っている高校球児を応援したくなるのもその一例と言える。

さいごに

人生は動かなければ何も変わらない。でも動き出すにはパワーがいる。なのでどれだけ小さくてもいいから初めの一歩を踏み出す事だ。

いきなり100やろうとするな、0・1を目指せ!

新しいドアを叩くのは勇気がいる。でもそのドアをまずは観察してみるだけでもいいのだ。とにかく今日から初めの一歩を踏み出そう。私もそんな君を心から応援している。

こんな私が変われたのだから、きっと君も変われるはずだ。

ではまたこの道場のどこかで会おう。長い文章を最後まで読んで頂いて心から感謝する。