胸焼けとは、どんな感じの症状なのか?

 

たけぼうです。今日も調子は今ひとつです(;ω;)

 

逆流性食道炎の改善プログラム(前回の記事参照)に載って

いるツボ押しや入浴法をとりあえずやってみましたが、まだ

1日目ですからね(笑)

 

効果が出てきたら、またブログで報告していきますので

楽しみにお待ち下さい^^

 

さて、今日は「胸焼け」についてまとめておきたいと思います。

私も数年前までまったく分かっていなかったので同じような人

がいるかもしれませんので。

 

 

 

 

胸焼けとは?どんな感じの症状が出るのか

 

胸焼けは、よく胃もたれと同じような症状だと思っている人が多い

らしいのですが、胃もたれとはまったく違う症状なので注意が必要

です。

 

胃もたれは、食べ過ぎや飲みすぎで、胃酸が出にくくなって、

消化不良をおこしている状態です。胃が重いとか、ムカムカする

とか、そんな感じですね。

 

で、胸焼けはどんな症状なの?という事なんですが、本当に

胃もたれとは真逆なんですね。

 

 

胸焼けは、胃酸が出過ぎてしまっている状態です。

食道と胃のつなぎ目の筋肉がゆるみ、胃の内容物が食道に逆流

してしまうことで起こります。

 

 

胸の辺りが、カーっと熱くなるような焼けるような症状であったり、

胸の真ん中辺りがチクチクする、痛む、といった症状です。

 

 

私はどうも、焼けるような感覚というのがよく分からなかったんです。

別に熱くはないしな。とにかく気持ち悪い感じ、吐き気、といった

方が私はしっくりきましたね。

 

 

まあ、とにかく胃もたれは、お腹の辺りの不快感、

胸焼けは、胸の辺り(食道)の不快感と思ってもらってもいいかも

しれません。

 

 

 

胸焼けは、通常の胃薬だと悪化します。

 

よく胸焼けの人や胃酸過多の人が、胃薬を飲んでも良くならない

といった事があるのは、買う胃薬を間違っているからなんですね。

 

 

上記の通り、胃もたれは胃酸の分泌が足りないので胃酸を良く

分泌させる薬です。

 

 

胸焼けや胃酸過多の人は、胃酸が人より多くて食道が炎症を起こし

ている状態ですから、そこにまた胃酸を分泌させる胃薬を飲んで

しまったら大変な事になります。

 

 

想像しただけでも恐ろしいですね(((;゚д゚;)))

 

 

なので、胸焼けや胃酸過多(まあ両方とも同じような物ですが)で

市販の胃薬を買う場合は、薬剤師さんに良く相談するのが1番です。

胃酸が出過ぎてしまう、胸焼けがする、ストレスで胃が痛い、など

細かく、症状を伝えましょう。

 

胸焼けの胃薬は、胃酸を抑える物ですから、通常の胃薬とはまったく

違う物ですので十分ご注意くださいね。

 

 

それから、あまりにも胸焼けが続くようでしたら、胃腸科や消火器科

の診察を受ける事をお勧めします。

 

 

胸焼けが続くという事は、逆流性食道炎の可能性が高いですので。

 

 

出来れば胃カメラを思い切ってやってしまうと、胸焼けの原因が

はっきり分かって改善するべき事も明確になりますのでお勧めです。

 

 

私の胃カメラ体験記はこちらの記事です。

 

 

ではでは~(o’∀’)ノ

 

 

最速の逆食改善 たけぼうの30日間実践レポート

コメントを残す