逆流性食道炎の為の食事。改善したいのにコロッケを勧める私の嫁。

 

ども、たけぼうです。

 

逆流性食道炎を克服する為、油分と糖分をなるべく摂らない

食事を心がけて10日ほど・・・。何とか我慢が続いています。

 

 

 

と・こ・ろ・がっ!

 

 

 

嫁 「今日の夕飯はコロッケだよ~。」

 

私 「え!?あ、ああ、コロッケね・・・・。」

 

 

油っこい食事は避けたいと嫁さんに伝えているのですが、

まあ、私1人の為に他の家族が好きな物を食べられないのも

なんですからね。仕方ありません。

 

 

嫁は沢山コロッケを揚げてくれたのですが、1つだけ食べて

他のおかずで夕食は済ませました。

 

 

そして翌日の朝・・・・

 

 

嫁 「お弁当にコロッケ入れとくね~。」

 

私 「ええっ!?あ、ああ、ありがと・・・・・。」

 

 

そして翌々日の朝・・・・

 

 

嫁 「今コロッケあっためてるからね~。」

 

私 「いやいや、コロッケはやめておくよ、ごめんね。」

 

 

 

そして休日には・・・・・

 

 

嫁 「タイ焼き買ってきたから食べなよ~。」

 

 

 

そして、ちょっとしたケンカになりました。嫁さんが言うには

全部の食事で全て油物を摂らないようにするのは、困難だし、

糖分における嫁の持論としては・・・・

 

 

「アイスやお菓子が1番糖分多いから、タイ焼きは大丈夫。」

 

 

という訳の分からない事を語っていました(笑)。

 

 

あまり反論してもいい事はないので、嫁さんが勧めてくる油物と

糖分を、何となくやんわりとスルーしていきたいと思います(汗)。

 

 

しかし元々私はですね、油っこい食べ物とか、甘い物はとても

好きなので、気持ちを分かってもらえると嬉しいんですが・・・・・。

そりゃ、食べたくなりますよね(涙)。

 

 

まあ、嫁さんなりにまったく甘い物が食べられないのは可哀想

だから、たまには食べてもらいたいと思ったのかもしれません。

 

 

しかしね、私は何としても逆流性食道炎を治したいんですよ。

はっきり言って、生活の質は相当低いですよ。人生の質も。

 

 

もちろん、家族や仲間、仕事にも恵まれて幸せな人生ですが、

それにしても、胸焼けとか胃の不快感がある事によって、どれだけ

生活の質が下がっている事か・・・・・。

 

 

これは逆流性食道炎や慢性胃炎に悩み続けている、当事者に

しか分からない気持ちなのかもしれませんね。

 

 

吐き気が毎日あったら、誰でも憂鬱になり、幸せを感じるどころの

話ではありませんからね。

 

 

例えば、急性胃腸炎になっている状態で、

 

「いや~、自分は幸せだな~!」って言いながら笑顔になる人が

いますか?って話ですよね(笑)。

 

 

快適な人生、取り戻したいですね。

いや、取り戻してみせます。次の休みにはジムにいって運動する

つもりです。頑張ります。

 

 

ではでは~。

 

 

 

最速の逆食改善 たけぼうの30日間実践レポート

コメントを残す