逆流性食道炎の咳と痰 私は食後が多かったです。

 

40歳からは、健康で快適な人生を。

 

ども、ブログ運営者のたけぼうです(^-^)

 

 

今日は意外と知られていない、逆流性食道炎の症状の一つ、

「食後の咳と痰」について書かせて頂きます。

 

実は先ほど昼食を食べたのですが、やはり痰が絡むような

咳が出て思い出しました。なのでこれも書いておこうと思います。

 

 

 

逆流性食道炎の症状 食後の咳と痰

 

逆流性食道炎の3大症状とえいば、胸焼け、嚥下障害、呑酸。

この中で私にある症状は、何といっても「胸焼け」です。ごくたまに

呑酸もありましたが。

 

 

あ、呑酸は、すっぱい物が口までこみ上げてくる症状ですね。

 

 

で、意外と知られていないのが、食後の咳と痰。

食後でなくても出る場合があるそうですが、私は決まって食後

でしたね。若干ですが痰が絡むような咳です。

 

 

私は長年、「どうして決まって食後に痰が絡むんだろ?」って疑問に

思っていたのですが、逆流性食道炎について調べていると、食後に

痰が絡むような咳が出る事を最近知りました。

 

 

原因としては、胃酸が逆流する事によって粘膜が刺激されて咳が

出るようです。あと、胃酸で張り付いていた痰が溶かされて出る事が

あるので、食後や横になった時に咳や痰が出るとのこと。

 

 

出ない日もあるので、やはり食事内容によるのかなと思います。

糖分が多い食事というよりは、脂分?かなと思いますが実際の所は

分かりません。

 

 

とりあえず、今回のお話は・・・

 

 

食後の咳と痰が出る症状は、逆流性食道炎の可能性があるという

事です。+「胸焼け」があったら確率高いそうです。

 

 

やはり、何でも疑問に思った体の症状は、どんどん本やネットで

調べてみると意外と持病との繋がりが分かるので、お勧めです。

 

 

小さな症状でも、放っておいたら重い症状になる可能性もありますし、

私と同じ世代の人は、お子さんもいるでしょうから、健康を心がける

義務があると思います。

 

 

では健康な体を目指して、自分の為、家族の為に、日々がんばって

いきましょう!

 

 

 

最速の逆食改善 たけぼうの30日間実践レポート

コメントを残す